カウンセリング

治療で撃退しよう|腰椎椎間板ヘルニアを断ち切る

このエントリーをはてなブックマークに追加

聴覚と脳腫瘍

カウンセリング

聴神経腫瘍という疾患は聴覚の病と思われがちですが、実際は脳腫瘍の一つです。脳腫瘍といっても、聴神経腫瘍は良性のため即座の治療は不要です。治療には主に様子を見る事、放射線療法、切開手術の3つから一つが用いられます。意外と多いのが経過を観察することですが、これは聴神経腫瘍が自然と消滅することのある良性の腫瘍であるという特徴を利用しています。放射線療法や切開手術では、レーザーやメスを用いてピンポイントで腫瘍を取り除きます。実際は本格的な手術を行うことは少ないので、聴神経腫瘍の診断が下っても心配は要りません。過度に不安はかえって症状の悪化に繋がることもあるので、疾患の正しい知識を持つことに注意しましょう。

良性腫瘍で自然と小さくなることが多い聴神経腫瘍において、経過観察による治療は他の腫瘍に比べ特徴的です。一般的に腫瘍の大きさの推移を確認するためにはMRIが用いられます。MRIによって数カ月に渡って腫瘍のサイズをチェックし、自然に消える可能性があるのかを検査します。経過観察で治療ができそうな場合でも、聴覚に症状が現れることが多いため、症状緩和のための薬品を処方します。経過観察では年単位での治療が必要となります。長期的な治療は負担が大きいイメージがありますが、実際は放射線や切開手術より身体的・経済的負担は少ないです。定期的に診察を受けながら、腫瘍が日常生活に問題ない程度に縮小した時点で治療が完了します。