カウンセリング

治療で撃退しよう|腰椎椎間板ヘルニアを断ち切る

このエントリーをはてなブックマークに追加

がん治療の新しい試み

ガイダンス

定位置放射線治療装置

サイバーナイフは、主にがん治療に用いられます。ナイフといってもメスによって切るものではなく、放射線照射による治療に使われる装置です。サイバーナイフは高線量の放射線をピンポイントで病巣にあて、病巣周囲の正常な細胞を破壊することなくがん細胞を破壊することが出来ます。また、従来からあるメスによる外科手術と異なり、全身麻酔も必要がなく切開もしないために術後の経過が大幅に短縮できるというメリットがあります。日本国内ではサイバーナイフによる治療は、脳腫瘍や頭頸部のがん、脊髄・頸髄腫瘍、肺がん・肝がんなど一部のがんにのみ保険適用となっています。逆に言えば、上記のがんに当てはまると、サイバーナイフ治療を受けられる可能性が高くなりますので、一度医師に相談してみるといいでしょう。

世界初ロボット放射線手術

サイバーナイフはロボットアームを使用します。この装置は世界で初めてのロボット放射線手術システムであり、ベッドに横たわっている患者さんのわずかな動きも察知して、病巣の位置を追尾することもできます。また多方向からの放射線ビームの発射が可能で、より正確な位置への放射線治療を行うことが出来ます。追尾装置のおかげで、患者さん自身に全身麻酔を打つ必要はなく、体の状態のあまり良くない患者さんへの治療も可能になっています。サイバーナイフはどこの病院でも取り入れているわけではなく、全国でも一部の病院でのみ治療が可能です。ですから、まずは自分が通っている主治医の先生に紹介状を書いてもらい、予約した指定病院で受診することになります。事前のCT・MRI検査が非常に重要になりますので、治療が可能かどうか医師と綿密な打ち合わせをします。そのうえで、サイバーナイフが最適な病変なのか、薬物や手術の方を優先した方がいいのか納得いくまで相談しあうことが大切です。サイバーナイフ治療は、がん治療の中でも最先端の技術です。治療に少しでも興味がある場合は、まず主治医の先生に相談してみましょう。