カウンセリング

治療で撃退しよう|腰椎椎間板ヘルニアを断ち切る

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で簡単にできる検査

女の人

検査目的

検便検査とは、便を採取して検査機関に検査してもらうことを言います。検便検査を行う目的とは、病原体の感染の有無や大腸がんの可能性を判定していくものです。腸に含まれる病原体には、O157やノロウィルスがあります。これらは感染力が非常に強く、食中毒を引き起こす原因にもなります。そのため、調理関係の仕事をしている人には、こういった検便検査は不可欠となります。また、大腸がんは便に血液が付着してある場合も多いです。見た目で判断できなくても詳しく調べていけば分かるため、大腸がんの疑いを持つこともできます。このような効果から、会社や個人で検便検査を行う場合は多いです。検便検査は病院へ行かなくても自分でできる方法となるので、とても気軽で便利な方法となっています。

検査の流れ

検便検査は専用のキットがあり、それには容器や説明書、そして名前などを貼っていくシールがあります。トイレで排便をしたときに、自分で便を採取していき、それを容器に入れていきます。このときに適度な量を採取しなければ、便が少なすぎたりして検査できない場合もあるので注意します。そして容器に蓋をした後に記入したシールを貼るなどして、会社や検査機関に提出するだけとなります。個人で行う場合は、ネットから商品を注文することができ、送られてきたキットを使って送り返すだけで済みます。後日判定結果が送られてくるので、それで状態が把握できるようになっています。こういった検便検査を定期的に行っていけば、便を通して日頃の健康状態が分かります。検査をしたいけれど病院へ行く時間がない場合や、集団で検査したい場合にはおすすめです。