病棟

治療で撃退しよう|腰椎椎間板ヘルニアを断ち切る

このエントリーをはてなブックマークに追加

腰の重篤な疾患

患者

腰痛は職業の内容や加齢によって誰にでも起こる清浄の一つですが、慢性的な腰痛は腰椎椎間板ヘルニアという疾患の可能性もあり、きちんとした治療が必要です。普通の腰痛と区別しづらい腰椎椎間板ヘルニアの症状ですが、細かい点で腰痛とは異なる症状があります。腰椎椎間板ヘルニアでは腰の痛みが生じますが、初期の段階では前かがみになった時に痛みが出やすいと言われています。進行すると姿勢や動作を問わずに痛みやしびれが生じてきます。また、ヘルニアでは患部の腰だけでなく、脚にも症状が出ます。この脚のしびれや痛みも前かがみになった時に出ることが非常に多く、このような症状に気づいたら早期に治療を受けることが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアは腰の疾患の中でも非常に知名度の高い病ですが、その背景には高齢化と検査・治療法の進歩が挙げられます。この疾患は加齢とともに姿勢が悪化したり、筋力が低下することで骨への負担が大きくなって発症するケースが多いです。また、高齢社会の日本ではお年寄りの健康意識が高まり、積極的に運動に取り組む方も多いですが、自己流の運動はかえって腰椎椎間板ヘルニアに繋がることもあります。足腰に症状が出ることで日常生活にも影響する腰椎椎間板ヘルニアですが、近年では治療法の負担軽減が進んでいます。内視鏡手術で切開部位を最小限に留めて治療することで、入院期間や術後のリハビリ期間の短縮が進んでいます。そのため、以前より手術の敷居が低くなり、治療を受けたことがある人が増えていることも、腰椎椎間板ヘルニアの知名度の高まりの一つです。

がん治療の新しい試み

ガイダンス

サイバーナイフは、主に脳腫瘍や頭頸部のがん、肺がん肝がんなどに使われる治療法です。ロボットアームの先端から照射される高線量放射線ビームにより、病巣周囲の正常な細胞を傷つけることなく、腫瘍細胞のみを破壊することが出来るようになりました。切開をしないために術後の回復期間も大幅に短縮できる治療法です。

詳しくはこちら

自分で簡単にできる検査

女の人

検便検査は、病原体の感染や大腸がんの疑いを調べていく方法として行われています。会社や個人でも受けることができ、個人の場合はネットからの注文で専用のキットが自宅に届くようになっています。自分で簡単に行っていくことができるため、とても便利な検査方法です。

詳しくはこちら

聴覚と脳腫瘍

カウンセリング

聴神経腫瘍は聴覚に症状が出るものの、実際は脳腫瘍の一つとして扱われます。治療には主に経過観察、放射線・切開手術が用いられます。ほとんどのケースが経過観察で済むため、過度の不安は不要です。経過観察の治療は長期に渡りますが、他の治療と比べて身体的・経済的負担が少ないという特徴があります。

詳しくはこちら